床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指す!美容師アシスタントのブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

形の上での評価ってあるよね。


こんにちは大阪で美容師アシスタントをしております貴堂新太郎です。


ただいましゃっくりがとまらず、猛烈なストレスを抱えております。これほんと人間の一番いらん機能やと思います。



さて今日は最近のVALU騒動、第三者として見てて少し思ったことを書いていこうかと思います。

要はギャンブルですね?

ただ、"有名人を応援する"という大義名分を掲げた上で投資ができる。というだけで、立派なギャンブルだと見ていて思いました。


必勝法もなければ長期スパンのデータもない。あまり勝ち筋ってもんがないように見えるんですが、応援という大義名分でそこを補われているような。



なんか、でも見た目がすごく綺麗に見えますよね。現金でなく仮想通貨で取引してるので。生々しさがないというか。


現金を使わないという近代的なイメージからかあたかも最先端のもののように見えます。

ぶっちゃけ、競馬とか競艇場にいる大人と一緒に見える。


僕はVALUをしてないので、側からみた意見ですが、競馬場とか競艇場におるオッさんとかとなにが違うん?って思ってしまいます。



VALUは仮想通貨で人を応援する。競馬は現金で馬ないし人を応援する。株は会社自体を応援する。



近代的なやり方か今まで通りのやり方かの違いで、あまり大差ないと思うんですよね。大義名分の違いというところくらいでしょうか。あくまで人を応援するという理由になりますからね。



僕はギャンブル肯定派なので別にお金のためだろうがそこに偏見はないんですけどね。


イメージで判断されがち。


VALUのイメージとその他のギャンブルのイメージが違う時点でなんだかなぁ。とおもいます。


確かに現代的でスタイリッシュに投資をできるVALUというものの魅力はすごくわかります。


でもやってる本質の部分ってギャンブルとさほど変わらないと思うんですよね。


でも世間はVALUに対してギャンブルより風当たりは優しいですよね。


しっかり中身を見れるようにならないとね。




なにごともそうで、見た目や雰囲気などで人が判断してしまうケースがよくあります。僕なんか典型的にそういったタイプだとおもいます笑


中身を見る前にイメージを確立させてしまうんですね。



なにごとでもそう、人でも趣味でも仕事でも。


「〇〇=しんどい。さ」ではなく、そう思うなら少し調べてみるといいんです。


周りの評価に流されてそのまま流される。僕も流されるタイプでした。



けど、自分を守るためには疑うことって大事で、自分の中で調べて噛み砕いてからの判断というものがいかに大切かというのを最近よく思います。



見た目は綺麗でも猛毒を持つ生き物なんざこの世界に腐る程いるわけです。


そんな毒に騙されないように、中身を見れるように生きていきたいですね。



以上、VALUを事件を見て思ったことでした。読んでくださったことありがとうございます^_^

また次回もよろしければ覗きに来てやってください。

【美容師アシスタント】ユーはなにしに東京に?


こんにちは大阪で美容師アシスタントをしております貴堂新太郎です。


二個同時に口内炎ができて、そいつらが合体するという地獄を味わっております。ほんまに痛い。。。笑



今日は生意気なブログです。なんも考えずに東京行く人ってなんなん?ってのを少しばかり書いてみます。


ワシみたいな田舎もんは東京にいったことすらございやせん。

はい、僕は東京に行ったことがありません。東京ディズニーランドには行ったことがありますが、あれは千葉だということで本当の意味で東京に行ったことはございません。


渋谷、原宿、表参道、銀座など、名前だけでカッコいいそれらの都市にもいったことがありません。



なぜなら大阪で充分事足りてるんですよね。専門学校時代にいました。「俺は東京に行く」と志している人。


(なにしに行くん?)と僕はずっと思っていました。勘違いして欲しくないのが、決して人の夢を侮辱しているわけではございません。


志高すぎて足元見えてませんがなwってことを言いたいのです。


ただただ東京に行きたいだけの人っておるよな


大阪市出身の僕からするとなに不自由なく生活できると思うんですよね大阪でも。それでもなぜか人は東京に行きたくなる。



勿論これが少し前の時代、東京に情報が集まっていた頃ならわかります。でも今ってネットの発展から、どこでも誰でも情報得れるような気がするんですよね。


そんなに劣るかなぁ。と思ったり。



よく見る美容学生として、東京に行くことを自分のゴールにしてしまって、燃え尽き症候群からか行ってからのプロセスをなにも考えていなかったり。夢半ばで辞める時のリスクなどもケアしてなかったり。笑



(行くのに憧れるんじゃなくて行ってからが大事やと思うんやけどなぁ。)と僕はずっと思ってました。



東京ってどんな街なんやろ。


まぁそうは言ったものの、若者が皆興味をもつ都市東京



僕は行ったことがないのでどんな街なのかがすごく気になります。



どんな土地柄で、どんな空気感なのかとか、日本のトップの街ってどれだけでかいのかとか、通勤ラッシュがなんぼのもんなのかとか。



すごい気になります。だから目指す気持ちも少しはわかります。そこでトップを取れたらそれはもう日本のトップに限りなく等しいと思いますし。


僕も死ぬまでに一度くらいは行って見たいなと思いますね。


夢を追う

夢を追いかけるのは素晴らしいことで、ノリと勢いで行って成功する人もたくさんいますが、憧れるからこそもっと色んなリスクに対してケアできる方法があるんじゃないかなとか思ったり。



今の時代、無理に都会に固執しなくても自分にあった場所で自分がやりやすい環境ってのが探せば腐る程あると思ってます。



都会で仕事してる=カッコいい
ってのに惹かれて東京を志ざす。
みたいな考えも古いような気もします。



今回、わかりやすい例で「東京に行く人」を使わせてもらいましたが、しっかりと将来を見据えて計画を立てて単身東京に乗り込んで行く人はすごく尊敬してます。



僕にはそんな勇気がないからです。



変に無理して突っ込んでしまうと、周りにまで迷惑をかけてしまう可能性もあります。そして昔とは違って日本経済はそんなに豊かではありません。



大人になると、追いかけていいところ、引くところを決めるのは自分で自分の失敗は自分の責任です。


そして、僕にも夢や目標はあります。その上でのプロセスというものをもう一度見直し、しっかりとリスクと向き合って考え直す必要があるなと思いました。


以上愚痴っぽくなりましたがこの思いを残しておきたく、記事にしました。読んでくださった方、ありがとうございます^_^


またよろしければ覗きに来てやってください。

夏が楽しすぎる件。

こんにちは大阪で美容師アシスタントをしております貴堂新太郎です。


最近ブログの更新はサボり気味です。なぜなら遊びに夢中だから!!!!すいません。夏が大好きなもんで。



お盆休みは皆様どう過ごしましたか?




僕は高校の時の同級生達とBBQをしてきました。まぁ本当の夏休みは来週なんですけどね。久しぶりの人も多くすごく楽しかったです。普段のクーラーの下にいて暑さに弱いくせにずっとキャッチボールして遊んでたせいか軽い熱中症みたいになってましたが。笑




皆の話を聞くともう結婚してる人もいたり、就職決まった人がいたり、決まってなかったり、夢を追いかけてたり。



色んなキャラの奴がいて高校の時にはメチャクチャな人間やったのになぁとか思うとちょっと寂しくなったり。


うわぁ、俺ら歳食ってきてる


というのをまだまだ22歳になる若造ですが、去年に増してすごく感じますw



これからますます、皆が皆色んな道に進んでいって間違いなく今までより遊ぶ回数が減るんでしょうね。


その中でもこうやって、毎年決まった時期に集まってなにかしらBBQや、忘年会。なんの予定もなく駄弁るだけでも楽しめる、そんな環境がずっとあった幸せというのを実感しております。


美容師という仕事に就き、人間の人間らしさっていうか人間臭さっていうかそういったものが少しわかるようになりました。



(この人が今どう思ってるんかなー?)とか、(なんか困ってることないかなー?)とか、僕なりに考えて気遣いができればいいなと思い、一生懸命やってきたつもりです。



その中で嫌なところも見えればいいとこも見えたり。そうやって気が使うのがしんどいなぁと思うこともよくありました。笑



最近はそのお陰か僕の周りにいてくれてる人には本当素直に感謝できるようになりました。



当たり前に人に囲まれてきて、当たり前に仲良くしてくれたまわりの皆のおかげで僕は最高に楽しい人生を送れてます。


いつか、恩返しができるようこれからも仕事含め何事も一生懸命に頑張りたいですね。



夏は最高ですなぁ

【美容師アシスタントの休日】普段オラオラ系のくせにディズニーランド行ったらカチューシャつけて彼女とイチャコラしてる写メインスタに載せる人ってなんなん。


こんにちは。美容師アシスタントをしております貴堂新太郎です。


このあいだの台風はすごい雨風でしたね。


大阪は台風だ台風だと煽られながら毎回逸れるんですがこのあいだはさすがに影響を受けましたね。


僕は余裕ぶっこいておりました。案の定痛い目にあいましたがw


いやぁ、狼少年のお話はよくできてますね。子供ができたら暗記させます。



そしてこのあいだの月曜台風の日に僕はディズニーオンアイスへと行って参りました。そのお話を少し。

タイトルがごっつい特大ブーメラン

普段そうやってディズニーランドに行ってる人をけなしてしょーもない笑いを取ろうとしていたバチがあたりましたね。


行って参りましたディズニーオンアイス。


氷の上でディズニーのキャラクター達が音楽に合わせて劇をしながら踊る


的なイベントです。僕はあまりディズニーに興味がないんですが。笑


なんか、あんま興味ない俺が退屈せずに見れるってすげーよなぁ


自分のことはある程度わかっているつもりで、ものっすごい飽き性です。なんでもかんでも長続きはしません。集中力が切れるとずっとちょこまかちょこまかしてます。笑




ただ今回2時間制(間少し休憩有)なんですが最後まで素直に見れました。おもんないもんはおもんないって言いますが悔しいですけどちょっと面白かったです。個人的に好きなアナ雪のシーンが長かったってところもよかったんでしょうね。





中でもいいなと思ったのが、氷の上で演技やジャンプするんで結構普通に失敗するんですよね。笑


僕が見た中でも5回くらい失敗してるシーンはありました。「そんなんあかんやんけー」って言う人もいると思うんですが個人的にそこにすごく惹かれちゃいました。



(この人がどんだけ練習して今日が本番で。そこで緊張してミスしてしまって。。。)とか考えるともうダメです。自分の中でアナザーストーリーが展開されてしまいました。久しぶりにがんばれーって心の中で思いました。まだ人間の心が残っていてよかったです。



他にも台風の日に城ホールを埋める集客力や、「写真とか動画もたくさん撮ってSNSにばらまいてね〜、ばらまいてくれた人には〇〇あげるよ〜ふふふ〜」みたいな作戦とかも垣間見えて、さすがウォルト・ディズニー隙なしです。



今回多分人生で初めてディズニー系のショーを見たんですがやっぱ皆がハマる理由ってのがなんとなくわかったような気がしますね。子供ばっかりかなと思ったら案外いかついお兄さんが彼女と来てたり。(この人どんな顔してこれ見てんねやろ。。。)とか勝手に思ってました。笑



いやぁ、ディズニーランドでカチューシャつけてはしゃいでるような僕にならないよう、これからも気をつけていきたいですね。



以上そんな、プライベートな記事でした。
読んでくださった方々ありがとうございます。
またよかったら覗きにきてください(^.^)