床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指す!美容師アシスタントのブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

ぶっちゃけもうブログ書くの飽きた。


こんにちは。"床屋の息子が一人前の美容師をめざす"最近はどんだけ寝ても眠い病気なんちゃうかと疑っております貴堂新太郎が頑張って更新します。


今日は特にネタがございません。ネタがないならネタがないことをネタにしようという世界最初の永久機関的脳を持ち合わせております。

ブログって難しいなぁ!!!


タイトルでお分かりかと思いますが僕はブログなんて続いたことありません。続けようと思ったこともありません。でも今回はじめて真剣に一回やってみようと思い、ブログの難しさを知りました。



まず先制パンチとしてブログのカスタマイズ、これに関しては未だにもういじってないです。偏頭痛でてきそうなくらいわけわからないです。


本当こっち系上手い人尊敬しますね。僕本当に機械類ダメなんで。ダメなくせに説明書読まずになんでもやるタイプなんで。



そして先制パンチもろに食らったところに畳み掛けるかのように文章を書く難しさの襲来です。



学歴のなさがモロに出てしまいましたね。自分の過去は美化する調子乗りなんでそこそこ勉強できたと思ってましたが高校の時の友達に聞くとめっちゃアホやったみたいですね。
「俺そこそこ勉強できんで!」
と専門時代言っていたのが恥ずかしいです。



書いてるうちに迷宮に迷ってしまいます。まず書き出しからゴールは見えてないですけどね。直感でぶぁーーーっと書いてどーーーん!みたいなアホ丸出しな感じで書いてます。


え、なんではじめたん(笑)


こんな感じで言われたら一番なんか傷つきますよね。(笑)←こいつが絶妙なアクセントとして僕の心をえぐります。



なぜはじめたかと聞かれると思いつきでしかないですね。(なんか日々思ったこと書けたらいいなー)という思いつきです。



それと美容師にとって何かしらの知っていただけるツールとして"あって損はない"というところですかねぇ。


タイトル調子乗りすぎやろポンコツ


誠に申し訳ございません。本心がそのままタイトルに乗ってしまいました。正直飽きました。



そらそうです。今まで一度もこんな長い文をこんなペースで書いたことはございません。飽きたというよりも疲れました。



でも、やめるつもりはございません。飽きましたが結構ストレス発散になったりもするんです。少なくともいまでもメリットは感じております。


それに、本当に今まで定期的に何かを続けるということができてなかったので修行の意味も込めて毎日とは言いませんが更新していこうと思います。

書いたからこそわかるすごさ

いやぁ本当これに尽きます。(ブログ書いたら何がえらいねん)とか思ってました。今は言えます。定期的にブログ書いてる人は少なくとも僕は凄いと思うし偉い!!!!



僕は別に毎日更新というのは決めてませんが本当に一日一回更新とかしようと思うと自分からハプニング起こしに行かんと無理でしょうこれ。
僕は頭がハプニング(常に)ですが。


でも、はじめてよかったです。ブログ。少なくともやってみることとやらずに見てるのでは見方が全然違います。



実は過去にデコログという謎のブログもやっていました(僕ら世代なら知ってるはず)

人生でブログというとこれくらいです。
「三度の飯より飯が好き」今でもマキシマムザホルモンは大好きです。



こうやって年月が経ち見返すとめちゃくちゃ痛いですね。今見たら笑っちゃいます。このブログもこうなってくれるとそれはそれで話のネタ的にありなんですが。笑



僕は"やらんで終わるよりやった方がマシ。"
と思っております。これがどういったメリットになるのかならないのかはわかりませんがやってない人よりは可能性が0.001%くらいはあると思ってます。



今回は本当にどうしようもないブログでしたが、(ブログって別にこれでいいんじゃね?)とも思いました。


こんなアホ丸出しのブログにお付き合いいただきありがとうございます。



また次回もよろしければお願いします。