床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指すブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【固定観念】今の子は今の子はじゃかましい!!!


こんにちわ。"床屋の息子が一人前の美容師を目指す"今日は私貴堂新太郎がゆとり悟り世代を代表し、「今の子は〜」的な言葉について語っていきたいと思います。


社会人になり一番よく聞く言葉の中で「今の子は〇〇やからあかんねや!」みたいなことをよくおっしゃっている方を見受けます。理解をしていただける方はいらっしゃりますがどうもそう思ってる方って多いみたいなんですこしだけゆとり悟り世代として弁明を述べさせていただこうかと思います。

今の子はゆとりやからなぁ!!


はい、代表する批判ワードとして一番多いのがこれだと思います。確かに僕は小学校から高校卒業まで土曜参観と運動会以外は"土日は休み"でした。「教育も甘々」だとよくおっしゃる方おられますが、平気で頭しばかれたり、朝礼中に髪の毛持って引きずって外に連れて行かれる奴とかいました。卒業式に髪染めてて黒彩振られる奴もいましたね。僕の小3の時の担任の先生はモニター下ろす棒を「しばき棒」と名付けて毎日振り回してました。桜ノ宮高校の体罰問題が高校生の頃起きてやっと体罰がなくなったと言うのが僕ら世代です。そこまでぬるい学生時代を送ってません。


今の子はテレビ見ーひんからニュースを知らん


はい、ニュース=テレビという典型的な頭固いタイプです。今の時代スマホでいつでも見れます。現に僕はテレビほとんど見ませんがYahoo!ニュースは欠かさずチェックしております。おそらく同世代の皆様もある程度"ネット"で社会情勢について調べていると思われます。
テレビを見ないに関しては至って単純に「見たいときに見たいものがやってないしCMがだるい」テレビと、「CMも少ないし見たいもんを見たいときに見れる」YouTube
どちらが効率的かと考えたときに確実にYouTubeだと思います。

今の子は金使わんから経済回らんねん


はい、これもよく言われますね。今の子は金使わん。1つだけ言えることは「使う金がございません。」昔は知らないんですがほんま金ないです。それに不況の中育ってきた僕らは本当に金に関してはシビアだと思います。使い方やったりありがたみというのもかなり重んじてやり繰りしてしまいますね。



今の子は仕事に一生懸命じゃない。楽しようとしてる


はい、こちらはあまり言われませんがそうおっしゃる方がいて少し疑問に思ったことがあるので触れたいと思います。"一生懸命"と"楽"って僕の中では紙一重のもんだと思っていて、今の時代ネットでのビジネスがトレンド化している上で"ネットのみで売上を発生させる方"がいてもおかしくないと思います。その中で僕と同世代の学生が一生懸命それを勉強して"楽"に稼げる(肉体労働をしない)ことを得たとすればそれは一生懸命頑張ってると僕は思います。

昔の方とのギャップとして日本が景気のいい時代に働けば働くほど金が生まれた=働く


僕らはYouTubeアフィリエイトマルチ商法などのネットビジネスが飛び交う中で生きてきて楽に金稼げそう=色んなことをやってみる=目に見えてない努力なので一生懸命してないように思われがちなのかなと僕的に思います。


楽に稼ぐってそんな簡単なことではないと思うので結局のところしんどい思いしてると思いますが。


結局今の子は〇〇って言いたいだけ


今回の結論はここだと思います。人間何故か「今の子は今の子は」と自分の世代とのギャップを嫌います。実際僕でも本当に最近走り回ってる子供とか見なくなったなと思うのでギャップを感じたりはします。


僕は昔の人の時代を知らないですし昔の人は僕らの時代を知らないんでなんとも言えないですが「ゆとり世代」の僕らもしっかり考えるべきことを考えてやってる"つもり"です。(未熟なんでそれが正解かはわかりません)


「ゆとりだからこうだ!」と思っても例外は腐るほどいます。物凄い根性ある人もいると思います。そろそろ昔のいい時代に縋るのはやめてお互いいい落ちどころを見つけるべきではないでしょうか。


僕はそんな大人になりたくないですし僕の周りの大人の方々は本当に理解してくれてる方が多いです。そんな大人になれるよう日々努力ですね。


僕と同世代で社会に出ようとしてる方もゆとりと括られることが多いと思いますがあまり気にせず見返すくらいの気持ちで頑張っていただきたいですね。


長々とお付き合いいただきありがとうございました。また是非よろしくお願いします。