床屋の息子が一人前の美容師を目指す

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

床屋の息子が一人前の美容師を目指すブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【時代】もはや21歳の俺も今の子ではなかった。。。


こんにちは"床屋の息子が美容師を目指す"GW終わりに2連休をもらいまして死んだようにダラダラしててブログの書き溜めができていない貴堂新太郎です。


余裕がないと頭パニックになるんで今から必死に書き溜めします。


そういえば!!この間幸せのパンケーキとやらを食べてきました。20〜30分くらい並んだかな?そんな並んでないかな?


待たされてついに。。。


「ホットケーキとなにがちゃうねん」
「これプリンやん」
「水がうまい」


こんなわけのわからん言葉しか出てきませんでした。僕は甘いもん食べて「うまー!!」とかなったことないんです。ごめんなさい。あくまで僕個人の見解です。興味あるかた是非行ってみてください。美味しいです。


そんな今時の子ぶってる僕が今日のブログ、"もはや俺も今の子ではなかった"と言っています。むしろこの間のブログで今の子はと言うてくる人嫌いみたいなブログ載せたくせに矛盾が炸裂しまくっております。

↓こちら参照
kdsntr1225.hatenablog.com
カッコいい感じの引用の仕方を新しく覚えました。これだけに20分くらい彷徨いました。機械音痴がドヤ顔でレベルアップです。(遅すぎ)

小学校に二宮金次郎の像なくなってるって知ってた?


本気でこれびっくりしました。僕の通っていた野里小学校という学校は校門には入り、運動場に出て左手にどーーんとありました。


昔子供会のソフトボールをやっていて二宮金次郎の像に僕のショートからの悪送球を二宮さんが止めてくれた思い出があります。


僕らは"当たり前"にあるもんやと思ってました。


理にかなってるっちゃかなってるかな


気になってちょっとだけGoogleさんになんでなくなってるんかと聞いて見ました。ざっくり調べた結果、


"歩きスマホの抑制"
"児童虐待に見える"
"今の時代の教育にあってない"


まぁ、わからんでもない。確かに今やってたら怒られるやろうけど、あれはまず第一に歩きながら本を読んでるわけじゃなかったと思う。(小学校の時に読んだ二宮金次郎の漫画の記憶です。)


なにより(21歳の俺でもこんなジェネレーションギャップあるん?)という恐怖に襲われました。

勉強しないとすぐ置いていかれるなぁ


ネットが発達して情報を自分から探しに行かないと本当にすぐ置いて行かれる時代になってしまいました。


僕が一番実感させられたのが高校の友達達と毎年忘年会をするんです。その二次会のカラオケで"遊助"の曲を友達が入れたんですね。


その時に遊助さんには失礼極まりないんですが(これ中学生小学生とか絶対知らんよなぁ)って思っていきなりジェネレーションギャップが怖くなりました。その後も"ちょい懐かし"songのラッシュを受けて僕は思いました。


これは美容師として勉強せんとあかん


そうなんです。僕らは美容師なんです。"今の子は"わからんと括ってしまう訳にもいきません。"今の子についていかないといけません"
カラオケで遊助なんか歌った頃には笑われて顔真っ赤なって最後まで歌えないかもしれません。


もちろん個人の自由なんですが僕はまだ21歳なんでジェネレーションギャップを感じるわけにもいきません。さすがにこの歳で、

「おっちゃんわからへんわ〜。堪忍なぁ〜。」

という訳にも行かないのです。



冒頭の"幸せのパンケーキ"も、
(梅田のどこにあってどんくらい並んでんねん。パンケーキごときでそない並ばんやろ)
と、高を括っていましたがかなり勉強になりました。少し下の子達のデートスポットやったり、女の子同士の女子会の場が繰り広げられておりました。



色んな情報が飛び交う今の時代、若いからと調子に乗って調べたりすることを怠ると、一気においてかれます!!パンケーキに勉強させられたGW明けでした。


※おっちゃんにはパンケーキよりコメダシロノワールの方が安いし合ってます。


以上、長々とお付き合いいただきありがとうございます。

また次回もどうかよろしくお願いします!