床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指す!美容師アシスタントのブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【失敗】よく笑われるしバカにされる。けどそんなん月日が経てば案外ちっちゃいことです。

こんにちは。最近暑くなってきましたね。



そういえばこの間、、







モンスターを飲みました!!





美味しかったです!これで残りの営業頑張りますよ!




5月GW明けご予約まだまだ受け付けております!



ご予約はこちらから↓↓↓

http://templateblog.com



こーゆーブログあるあるですよね。写真と予約関係ないやん!改行で幅稼いでるやん!改行やめたら5〜6行で終わってまうやん!学校の先生に出したら2秒で返される作文やん!ってツッコミたくなります。ただそこがいい味出てて嫌いじゃないです笑

※リンクはどこにも飛べません


そんなこんなで今日も"床屋の息子が一人前の美容師を目指す"最近タイトルを変えようか悩んでる貴堂新太郎が今日も頑張って書いていきます。


ほんまワシ、センスないねん


はい、見出しの通りでございます。ぼくは本当にセンスがございません。生まれつき手先が器用でもないですし、何か突出したものがあるわけでもございません。


kdsntr1225.hatenablog.com


こちらの記事にも書かせていただいたように、調子乗りのアホってところくらいが唯一の取り柄でしょうか。自分で言う時点で脳細胞が死んでいることがよくわかりますね。


多分今全国の美容師2年目の子達となにかしらのバトルしたら間違いなく下から数えた方が早い位置にいると思います。


別にそれでええやん


多分今美容師目指してたり専門学生やったり一年目入ったとこやったり同い年で頑張ってる子やったり、多分僕と同じ理由で悩んだり落ち込んだりしてる子っていると思うんですね。


僕も実際専門の時から技術下手くそで落ち込んでサロンに入っても比べれる相手が人より少ないし(俺ってうまいんか下手なんかどーなん?これ?)とか悩んだりする日もいっぱいありました。


でも、ある日気づきました。"どうでもいい"と。どうでもいいと言っては語弊を生むかもしれませんがそこまで気にすることではないなと思いましたね。


だってお客さんが比べる時はキャリア関係ない


本当ヘッタクソで何の才能のカケラもない自分ですがお客様を接客する際、技術を入らせてもらう際は"全身全霊でやれる限り頑張ります"もちろんアシスタントが塗るカラーにも他店だと2年目の子が塗ったり3年目の子が塗ったりはたまた1年目の子が塗ったりと様々です。時にはスタイリストの人や店長クラスの人と比べられたりするわけです。


無理ゲーですね。


はい、多分超絶天才的才能をもってしても"長年の技術と経験には勝てないんじゃないでしょうか"。なので別に背伸びせず自分は一生懸命やってます感を出してなんとかお客様が不快にならないよう頑張って技術をすることに命を懸けてます。

正直アシスタント同士の競り合いなんかスタイリストからみたらどんぐりの背比べ


多分ほんとにそうだと思います。入社1ヶ月、あの子はシャンプー入ってる。あたしは入ってない。→なんであたし不器用なん→美容師やめたい→上司「は?」
多分こんな感じです。


シャンプーが先にできるかできないかとかカラー塗れるか塗れないかとかそんなちっさい比較で自己嫌悪に陥るのはやめましょう。どうせ嫌でも入らされます。



確かに僕も今まだまだ人と比べると成長スピードが遅いと思ってます。もっと色んな経験してグングン伸ばして行かなあかんと思ってます。


でもそんなに人と比べなくても見てる人は見てくれてるし将来頑張って見返したろくらいの気持ちでやってればいいんじゃないかなと思います。


その方が何倍か仕事が楽しくなりますよ。多分。笑

俺は案外はじめは不器用のほうがいい気がするねん


これはなんかあんまり説明はできないんですが僕は結構笑われるような失敗をしてきました。


シャンプーでえり濡らしたり、カラー塗ってハイトーンからのトーンダウンで中間塗布甘くてムラで染まったり(カラーモニター)、髪の毛縺れさせて20分くらい汗かきながらほどいたり、ほんまダメダメです。

"トーンダウン失敗の図"

こんな失敗なかなかせーへんやろって思う人も
笑う人もいるかもしれませんが今となっては笑い話です。モデルさんとは今も仲良くやってます。


ほんまに失敗した後ってもうわけわからんくらい自分に腹立って、彼女に愚痴ったり、しまいには怒ってきたオーナーの顔思い出しただけでまた腹立って、でも自分のためを思って言うてくれてるのはわかってるからグッとこらえてそれを次の日の営業までになんとか消化して、その失敗を生かしてまたレッスンする。


失敗した次の施術は背筋凍るくらい緊張します。でも、"失敗の怖さ"は失敗をせずに得ることはないと思います。美容師をする上で大きな財産です。


今同期に笑われたり、先輩に下手くそ言われたり、自分で自分を責めずに本当に一緒に頑張りましょう。見返してやってください。


ちなみに僕はそんな時は生命の構成上、絶対先輩より俺の方がヒトとしては進化されてるはずやから大丈夫やって言い聞かせてます笑


自分は自分らしく、その人なりの歩幅で頑張りゃあついて来てくれる人はついて来てくれるんかなぁーとか思いながらまた明日から仕事がんばりましょう。




以上今日も偉そうにすいませんでした。お付き合いいただいた方々本当にありがとうございます。また次回もよろしくお願いします。