床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指すブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【美容師アシスタント】無くなりそうやからこそ思うけど大事やと思う。


こんにちは貴堂新太郎です。

この間コンビニの前にて、
飼い主が中に入ったのをひたすらに待っている犬を見ました。
(下手したらこいつ俺より賢いな)
と思い少しヘコんでいます。

今日も頑張って更新していきましょう!!

美容師アシスタントはもう必要ない?


たまにこういった記事を見ます。
アシスタント2年目の僕なりの意見を書きます。


僕は経験なども少なく、スタイリストデビューもしていないです。早くスタイリストになりたいアシスタントです。こういった人間の素直に思ったことを今日は書いていきます。


そもそもこういった記事、"アシスタントの下積みををなくす"わけではなく、"アシスタントの下積み期間をOJT等で補い、一定の期間にレッスンを集中させてスタイリストデビューを効率化させる"というものが大半です。


僕は賛成ですが、反対です。←
多分どっちかと言うと反対寄りかもしれません。でも、早くスタイリストになれるのは魅力的ですし今すぐにそっちの流れに乗っかりたい気持ちもあります。



「何をいうとるんやお前は!!」


僕自身どっちがいいかわかりません。


ようするに!双方にメリットがあるということですね。色んな選択肢がある今の美容業界です。自分でメリットデメリットを天秤にかけ、正解だと思う方に迷わず進みましょう。



早くスタイリストデビューするメリットデメリット


まずは"メリット"から。


早くスタイリストになれてお客様に入っていけるのは素晴らしいことです。今から新卒でアシスタント〜スタイリストを一般的なルートで経験すると平均25歳くらいにデビューといったところでしょうか。


それを22、23歳でデビューできれば今後の選択肢も増えます。将来の独立、フリーへの転身。周りの子がアシスタントをしてる中自分は"スタイリストの経験"を積んでいけますし。


給料も自分の頑張り次第ですがアシスタントの時より確実に増えます。いいことずくめですね。


次に"デメリット"


正直あんまりデメリットが思いつかないんですが、強いて言えばデメリットとしてあげられるのがやはり現場の経験不足ではないでしょうか。


スタイリストになった。現場に立つ。フリーで活動する場合は全て自分の責任です。20代前半でお客様への施術の全責任は自分に降り注ぎます。


万が一のクレーム、イレギュラーな事態に対しての対応等が少し不安ですね。人間ですから少なからずミスはします。でも20代前半の僕らに全てを対応する人間力や応対力に不安が残りますね。


もし、雇われのスタイリストの場合、アシスタントがつくことが多いんじゃないでしょうか。もしくは自分が独立した時、アシスタントを育てら場面が来るかも知れません。(その時に完全にアシスタントという職そのものがなくなってたら別です)
その場合の相手の気持ちという部分を汲み取れるのか、"アシスタント経験の無さ"というのもある意味デメリットかもしれません


僕は2人のサロンでオーナーが下積みが長いタイプの人間だったので本当に良かったと思うことが多いです。僕の気持ちを汲み取り、(今日シャンプーばっかりやからここはカラー塗らせて代わりにシャンプー入ろう)とかそういった気遣いをしてきただけると、自分自信のやる気にもつながります。


良くも悪くも自分次第なのが即スタイリストデビューのメリットでありデメリットですね。


今まで通りのアシスタントのメリットデメリットは?


今まで通り2年目〜5年ほどアシスタントの下積みをサロンワークをしながらさせていただく最大のメリット、それは"現場の空気感に慣れる"ということではないでしょうか。


お客様に入る怖さだったり、ミスした時の先輩の怖さだったり、施術ひとつのタイミングや先輩のお客様に対する接客、気遣い等"見て学ぶ"ものはたくさんあります。


見習いとは見て習うものです。技術的なところを「見て学べ」と言われると少し無理があるかも知れませんが少なからず接客や気遣い、説明の仕方、言い回し等たくさん見て学べることはあると思います。


練習じゃ学べない本番の本気を常に見て勉強させていただいております。この経験はスタイリストになる時に必ず生きてくると信じて僕は日々仕事をさせていただいております。


僕個人的には自分自信の人間力の向上のため、アシスタントをするという道を選びました。あとは、お金がしんどいですし。笑




デメリットは、、、皆様が想像している通りです。腐る程あります。いちいち書きません。美容師アシスタントの嫌なところは皆知ってるんです。嫌な業界です。笑


結局のところどっちも正解。


僕はどちらも正解だと思います。アシスタントの経験がなくても即デビューしてうまいことやっていけるやつは絶対います。


逆にアシスタントを経験してもデビューして上手くいくとは限りません。


僕はその人にあった働き方があると思ってます。学生は特にそれを自己分析して働き方を考えましょう^_^


「アシスタントなんかやってられるか!」と思ってすぐにデビューできる道に進むのも大正解ですし、「アシスタントで色んな経験積んで、スタイリストなってから追い抜かしたろ!」と思うのも大正解です。


なのでアシスタント自体を無くすのではなく、"アシスタントをしたい奴は今まで通りやって即デビューしたい奴はOJTかなんかで頑張れ!"
みたいな感じになってほしいですね。


これからの美容業界の流れに期待大です^_^


読んでいただきありがとうございます。
また次回もよろしくお願いします。