床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指すブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【ふと思った】難しいなぁ美容師って。


こんにちわ前回のクソみたいなブログ読んでくれた人ほんま大好き。貴堂新太郎です。



暑い中べったりくっついて歩いてるカップルを見ると(罰ゲームかなんかかいな?)とおもってしまう冷めた人間です。


女性相手の商売をしていながら女性の気持ちをことごとく踏みにじってしまうところをなおしたいです。



今日はSNSの便利さを散々説いてきた僕が「SNSなんか普及さすな!余計なことしやがって!」とふと思いましたので書いていきます。矛盾?違います。人は日を追うごとに気づき、思考が変わる生き物なのです←

一般の方でもプロレベルの方がいらっしゃる


メンズセットや、ヘアアレンジ。
いまやYouTubeなどで見て一般の方でもものすごく上手い方がいらっしゃいます。


悔しいですがその分野においてフォーカスすると一般の学生さんでも僕のレベルのはるか上をいっている方もいらっしゃいます。。。。


(これってまずいよなぁ。汗)というのが今回の本当のテーマです。


求められるレベルが格段に上がってるんじゃないか


僕自身学生の頃に美容室にいった後、スタイリングをしてもらいます。


スピーディかつスタイリッシュに。
慣れた手つきで一瞬でスタイリングしてくれます。


そりゃあもう僕よりは経験も充分にあって格段に上手い方にスタイリングしてもらってるわけです。


でも(このまんま遊びにいけへんなぁ)という仕上がりの時が何回かありました。


周りの子の中にも「美容師のセット好きじゃないわ」という方もいらっしゃいます。


僕が学生頃って、SNSのスタイリング動画や、YouTubeのセット動画、アイロンでの束感スタイル等で色々見てたんですよね。


おそらく今学生の人や一般の方も見てる方はいらっしゃると思います。



そういった時に、もしかしたら"一般の人達が求めているクオリティが美容師の思っているスタイリングのクオリティを超える"ということがSNSの普及により、起きるようになってるのかなと思います。


こりゃあたいへんだぁ


僕は現在アシスタント2年目で、スタイリストまで残り1〜2年でなってやんべ!と、思ってます。


その上で今の時代は僕らも情報を仕入れれる分、一般の方も情報を仕入れることができます。


しっかりと、今回はスタイリングについて書きましたが他にも今の流行りや全ての情報を自分で噛み砕いて一般の方の思っているもの、もしくはその高いハードルの上を越すくらいのものを作らないといけません。


これができひんからこっちに特化する。なんて甘えたことができる時代ではなく全てできるけどその中でもこれは強いで。ということでしか何かに特化させることもすごく難しい時代なんでしょうね。



ここだけは本当に変わらず昔も今も結局はやるしかないですね。笑



こんな時代だからこそ間違いなく中途半端じゃ食っていけません。



お客様の求めているものを当たり前に提供できる、そんな素敵な美容師になろうと最近のSNS等の流れを見て思いましたね。


まぁそれが当たり前のことなんですけどね笑



ふと、そんなことを思った平日の昼さがりでした。ネットに楽をさせてもらった分の埋め合わせはキッチリ技術でお返しします。
また次回もよろしくお願いします〜〜^_^