床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指すブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

【想像】人は勝手にイメージを膨らませる


こんにちは貴堂新太郎です。


とても辛いけど幸せなことがありました。辛いといっても身内に不幸とかではありません。けどある程度決まっていたゴールを無理やり遠くに放り投げられた気持ちです。でも、身内の夢が叶った瞬間でもあるのでもどかしい気持ちに苦しめられてます。


(あー、やっちまったなぁー。)


今の僕の思考を表すとこんな感じ。笑



いい勉強になったと思い今日からも頑張ります。


最近社会人になり学生の頃よりお金に関して考えることが多くなりました。やらしい人間です。今日も昨日に引き続き書いていきます。笑

なんか稼いでる人って共通点ある気がするんよな


昨日記事書いてて思いました。


kdsntr1225.hatenablog.com


稼げてる人ってやっぱり芯がごっつい


当たり前のことなんですけどね。でもやっぱりしっかり考えてるなぁと言うのが僕の感想です。


僕みたいな人って、なにかやろうとしても90%の人が無理だと言ったら無理に流れてしまうんですよ。治す努力はしてますが。汗


それを稼げてる人って90%が無理だと言っても自分で確信づけるなにかを見つけるのがとてつもなくうまいんかなぁとか思います。


どの業界見てもトップの人って変わってると思われがちです。僕もあの人頭おかしいと思う人いっぱいいます。


けどその人らってやっぱり普通の人がしないことをできる数少ない人なんかなとか思います。


これに関してはそうなりたいと言ってなれるもんでもないんでややこしいですね。笑


人って思考が邪魔することが多い

たまーに人間誰しも、教えていただいたことに対し(これって間違ってるよな)と、思うことってあると思うんです。


ただセオリーという思考が邪魔して自分の意見を押し殺してしまうということが自分もあります。


こうした方がいいんじゃないか、これはこうじゃないのか。何が正解かというのが大体わかっている世の中なので色々思考して考えることが減ったなぁと自分自身思います。


色々な統計学から正解のようなものがありふれていますからね。


80%の方が失敗すると言われる事業があったとします。普通僕の考えなら絶対やりません。でも失敗する80%の質ってやってみないとわからないと思うんです。


スロット、競馬、競艇にも勝って生活してる人はいます。でも負ける人がほとんどなので勝てるわけがないというセオリーが生まれてしまいます。


パチンコ屋に来ている人間、競馬場に来ている人間、競艇場に来ている人間の年齢層を考えスマホを駆使できる若者がその中に混じっていければ決して勝てるわけないという考えにはならないはずです。


でも大体の人は固定観念が邪魔をし、やろうとも思いません。

やったことのない外野がやいやい言うのはよろしくないね


今、新しい挑戦をしてる方、本当に素晴らしいと思います。勇気も必要ですし、リスクも必ず背負ってます。


なぜやったこともないのに周りがやいやい言うのか。自分の中での勝手な物差しで新しいことをしている方を測ろうとするのか。


僕も普通にやっちゃうんですが、やっぱり良くないですねヽ(;▽;)ノ笑


文句を言う立場より言われる立場になれるよう、頑張ります。


それと同時に"人"の唯一の強み思考というものをしっかり研ぎ澄ませるよう日々努力ですね。


お付き合いいただきありがとうございました。また次回もよろしければ読んでやってください^_^