床屋の息子が一人前の美容師を目指す

床屋の息子が一人前の美容師を目指す!美容師アシスタントのブログ

大阪西淀川区で親子代々散髪屋を続けてきた家系の長男が美容師としてスタイリストを目指す

オカルト論は嫌い。


こんにちは貴堂新太郎です。


皆様は人生において、ルーティンのようなものってお持ちでしょうか。



かの有名な元プロ野球監督野村克也さんはチームが連勝中の時には同じパンツをずっと履き続けたそうです。


汚ねぇ!!wwwと思いましたが、ガッチガチのID野球を繰り広げている裏にそういったルーティンも持っていたんですね。



パンツを変えるとうんが落ちるんでしょうね。



さて、今日も書いていきましょう。

オカルト論とはなんぞや?



オカルト論と言っても僕が言うのは心霊などではございません。心霊などはもっと信じません←



オカルト論は嫌いと言う話なのですが、ルーティンも時に僕からすればオカルト論になり得ると思います。


朝起きて散歩をする等のルーティンはわかります。


朝早く起きて散歩をするといいことがある→これがオカルト論だと僕は思っております。



あくまで個人の見解です。笑


「朝早く起きて散歩をしたからいいことがある」

のではなくて、


「朝早く起きて散歩をしてたらたまたまいいことがあった(例お金を拾った」→「朝早く起きて散歩をしたらいいことがある」


このように無理やり何かにこじつけて、自分の中で勝手にルーティン化してしまうもののことが僕はオカルト論だと思ってます。


いいことがあった理由は朝早く起きて散歩したからではないです。お金を落とした人がいたからです。

こんなもん言い出したら人間誰も苦労せんし、努力もせんやないか。


努力をたくさんして成功した方がいらっしゃる。その方が冗談で「いやぁ、お墓参りに行ったお陰ですね」と言った。


それを見た周りの人は真似をして墓参りに行こうとする。


「それ絶対ちゃうやん。そこちゃうやん。」


普通誰もが違うと思いますよね。



でも意外と自分もそうですが人はこういったオカルト論に頼りがちなものです。特に弱っている時。それが近道な気がして信じてしまいます。



その中でたまたま運良く成功できた方がまた「お墓参りにいったら成功した」と、力強く言うのです。


墓に入ってるご先祖様もびっくりですね。


世の中裏ワザとかないんよな多分


僕が未熟で知らんだけかも知れません。


もしかしたら世の中に知ってる人はいるかも知れません。


でもこの世の中皆楽したいし楽しく生きたいからそのための裏ワザを探してるんですよね。


近道がしたい、いきなりレベルマックスになりたい、楽しく生きたい。



それが故にオカルト論にハマり、その人がやってきた本当の努力ではない、間違えた努力をし、いつの間にか素直に頑張ってた周りのやつに越されてる。



世の中全てのことに理由があり、その理由があって物事が起きる。



ごくごく当たり前のことです


その理由を変な方向に持って行かれるから僕はオカルト論が嫌いです。







以上、愚痴っぽい記事になりましたがお付き合いいただきありがとうございます。


また次回もよろしければ遊びに来てやってください!